コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うま味調味料

2件 の用語解説(うま味調味料の意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

うま味調味料

 フレーバーエンハンサーともいう.以前は,化学調味料といった.グルタミン酸ナトリウムイノシン酸ナトリウムなどの調味料.コンブうま味を追跡してその本体がグルタミン酸一ナトリウムであることが発見され,タンパク質加水分解や発酵法で作られたグルタミン酸一ナトリウムが使われている.その後イノシン酸グアニル酸がやはりうま味をもつことが発見され,範囲が広がった.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

うま味調味料
うまみちょうみりょう

うま味をもつ成分、あるいはこれに近いものを、単独、あるいは2~3種混合したもので、料理にうま味をつけるための調味料。代表的な成分にグルタミン酸ナトリウム、イノシン酸ナトリウム、グアニル酸ナトリウム、5'-リボヌクレオチドナトリウムなどがある。1970年代までは「化学調味料」とよばれた。加工食品や市販総菜の調味に用いた場合の原材料表示名は、「調味料(アミノ酸)」または「調味料(アミノ酸等)」である。
 昆布の主要うま味成分のグルタミン酸は、1908年(明治41)に理学者の池田菊苗(きくなえ)が工業的に製造することに成功した。最初は小麦のタンパク質を酸分解して得ていたが、のちに脱脂大豆の酸分解により、さらに発酵法や化学合成法などによってもつくられるようになった。現在のグルタミン酸ナトリウムのほとんどは、発酵法によりデンプンを主材として微生物からつくられている。また、イノシン酸は、カツオのだしの中からリービヒにより1847年に発見され、シイタケに含まれるグアニル酸は核酸分解物から1898年イギリスのバングにより得られた。これらは、酵母核酸を取り出し、それを酵素処理するか、デンプンを材料に、微生物を使用して発酵するかの方法によりつくられている。[河野友美・山口米子]

種類

うま味調味料として市販されているものには、(1)グルタミン酸ナトリウム、(2)グルタミン酸ナトリウムとイノシン酸ナトリウム、あるいはグルタミン酸ナトリウムとイノシン酸ナトリウム、グアニル酸ナトリウム、5'-リボヌクレオチドナトリウムなどの混合物、すなわち複合調味料、(3)食塩にグルタミン酸ナトリウムをコーティングした味つけ食塩、(4)うま味調味料と天然のだしを配合した風味調味料(だしの素(もと))などがある。複合調味料は、グルタミン酸ナトリウムとほかの核酸系のうま味調味料を配合することで飛躍的にうま味が強くなることを利用したものである。[河野友美・山口米子]

調理

うま味調味料は、だしのうま味成分のうち主要なものの純粋品に近いものと考えてよい。しかし、だしの味に近いだけで、だしと同じ味ではない。したがって料理のうま味としては、うま味調味料だけに頼るのではなく、あくまでも不足ぎみのうま味をうま味調味料により補うような使い方をするのがよい。たとえば、昆布だしに対してはイノシン酸ナトリウムを含むようなうま味調味料を、かつお節のだしの味が不足ぎみのときはグルタミン酸ナトリウムを足すと味が強くなる。うま味調味料は煮る、蒸す程度の加熱では安定している。しかし、油などにより180℃近くに加熱されると、グルタミン酸ナトリウムは一部変化し、ピロリドン酸となる。これはうま味がなく、かすかな苦味がある。したがって、炒(いた)め物をするときなどうま味調味料をいきなり油に入れたり、早くから加えたりすると、味のきき方が悪くなることがある。うま味調味料は種類により味にかなりのくせがある。グルタミン酸ナトリウムは多く使用してもくどくないが、イノシン酸ナトリウムやグアニル酸ナトリウムを含むものでは、多く使いすぎると嫌な味が強くなり、かえって料理をまずくする。また、うま味調味料は多く使用すると、香辛料などのききが悪くなるし、食塩の鹹味(かんみ)が薄く感じるようになるため、食塩濃度を高くしないとよい味にならず、薄味の料理に仕上げにくい。また複合調味料は、甘味のあるものに多く使用すると、くどい味になるから使用量に注意が必要である。[河野友美・山口米子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うま味調味料の関連キーワードオーバーハンドエンハンサーDHCPサーバーパソコンサーバーPOPサーバーPCサーバーフレーバーティーRASサーバーフレーバーエンハンサーミートフレーバー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

うま味調味料の関連情報