グレーシア国立公園(読み)グレーシアこくりつこうえん(英語表記)Glacier National Park

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グレーシア国立公園
グレーシアこくりつこうえん
Glacier National Park

アメリカ合衆国,モンタナ州北西部の国立公園。 1910年設定。面積 4100km2。ロッキー山系の高峰湖沼圏谷氷河浸食による谷などの景勝地を含む。カナダとの国境地帯に 32年設定されたウォータートン=グレーシア国際平和公園の一部でもある。高い山頂には氷河が残り,公園内には大陸の分水界がある。西斜面は比較的降水量が多いため,森林におおわれている。草地には野生の花が咲き乱れ,ロッキーヤギ,クマ,オオジカその他多くの野生動物がすみ,野鳥の種類も多い。

グレーシア国立公園
グレーシアこくりつこうえん
Glacier National Park

カナダ,ブリティシュコロンビア州南東部,セルカーク山脈中央部にある国立公園。 1886年設定。面積 1350km2。ハーミット,シフトングリズリーなどの万年雪におおわれた高峰や氷河谷,高山植物,滝などの山岳景観が保護されている。公園の中央を東西にカナディアンパシフィック鉄道とトランスカナダハイウェーが通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android