コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレーゾーン事態

2件 の用語解説(グレーゾーン事態の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

グレーゾーン事態

有事(戦争)とまでは言えないが、警察権だけでは対応できない恐れのある事態を指す。政府が問題としているのは、尖閣諸島を念頭に、武装集団の離島上陸や公海上での民間船への襲撃といった事例。機関銃などで重武装している場合、海上保安庁では対応できない可能性がある。

(2014-05-23 朝日新聞 朝刊 4総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

グレーゾーン‐じたい【グレーゾーン事態】

平時有事の中間にある状態。武力攻撃を受けるまでには至っていないが、国家の主権が侵害されている状態。領海に侵入した外国の潜水艦が退去要請に応じず航行を続ける場合や、漁民を装った武装集団が離島へ上陸した場合などがこれにあたる。準有事。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グレーゾーン事態の関連キーワード警察権法廷警察権食えない現時点然は言えとは言え有事迷作黒歴史誰にも言えない

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グレーゾーン事態の関連情報