グレート-ジンバブエ国立記念物(読み)グレートジンバブエこくりつきねんぶつ

世界遺産詳解の解説

グレートジンバブエこくりつきねんぶつ【グレート-ジンバブエ国立記念物】

1986年に登録された世界遺産(文化遺産)。ジンバブエの首都ハラレの南方250~300km、ザビ川上流部のジンバブエ高原(標高約1000m)の南端にある大規模な石造遺跡である。「ジンバブエ」は、ショナ語で「石の家」を意味する。この遺跡は、花崗岩のアクロポリス、楕円形の神殿、石造りの集落「谷の遺跡」の3つからなり、宮殿、神殿、要塞、住居、家畜小屋などの石造遺跡がある。これらは11~18世紀にショナ族とロズウィ族が建設したものである。この遺跡はジンバブエ文化の象徴で、同国民の誇りとなっており、国名もこの遺跡にちなんでつけられたものである。◇英名はGreat Zimbabwe National Monument

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android