グロッケンシュピール

精選版 日本国語大辞典の解説

グロッケンシュピール

〘名〙 (Glockenspiel) 打楽器の一つ。鉄製の鍵板をピアノ状に並べたものを、木製、または金属の小球のついた槌でたたく。鉄琴。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のグロッケンシュピールの言及

【鉄琴】より

…音色は透明で清純な響きをもち星の輝きを思わせる。ドイツ語(英語も同形)の〈グロッケンシュピール〉は,ベル(鐘)を鳴らすの意味で,元来はカリヨンも含めて調律されたベルのセットを指した。ベルのかわりに金属のかたまりを鍵盤状に並べた楽器はカリヨンの愛好されたオランダや北フランスで使われはじめた。…

※「グロッケンシュピール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android