コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グロノラクトンオキシダーゼ

栄養・生化学辞典の解説

グロノラクトンオキシダーゼ

 [EC1.1.3.8].L-グロノ1,4-ラクトンを酸素で酸化してL-キシロ-ヘキスロン-ラクトン過酸化水素にする反応を触媒する酵素.FADを補酵素とするフラボタンパク質アスコルビン酸生合成の経路の酵素で,ヒトなどでは欠損しているため,アスコルビン酸(ビタミンC)が必須の栄養素になる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

グロノラクトンオキシダーゼの関連キーワードリポキシゲナーゼアルコールデヒドロゲナーゼ酵素番号フェノラーゼアミノ酸オキシダーゼアミンオキシダーゼトリプトファンオキシゲナーゼリンゴ酸デヒドロゲナーゼ(脱炭酸)ルシフェラーゼアスコルビン酸オキシダーゼ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android