コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グロースグロックナー[山] グロースグロックナー

2件 の用語解説(グロースグロックナー[山]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

グロースグロックナー[山]【グロースグロックナー】

単にグロックナーとも。オーストリア最高峰,東チロルザルツブルク州の境をなすホーエ・タウエルン山脈の主峰。標高3798m。北斜面に東アルプス最大の氷河パステルツェ(長さ約9km)がある。
→関連項目オーストリアチロルホーエ・タウエルン[山脈]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グロースグロックナー[山]【Grossglockner】

オーストリア西部,ザルツブルク州,ケルンテン州,東チロル州の境界付近にそびえるこの国の最高峰。標高3797m。東アルプス,ホーエ・タウエルン山脈中のグロースグロックナー山群に属する。山腹北東部には東アルプス最大のパステルツェ氷河(長さ約9km)があり,カール壁の山稜は非常に険しい。北側ザルツァハ河谷のブルックから南側ハイリゲンブルートに至るドライブウェーが通じており,ここからの景観はすばらしい。【武田 むつみ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone