コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グローバル・パートナーシップ global partnership

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グローバル・パートナーシップ
global partnership

世界経済や国際政治イニシアティブを発揮し,発展途上国への援助および環境問題・地域紛争への対処など,世界の平和・繁栄にかかわるグローバルな問題を,共同で解決していこうという日米関係の新しい在り方を指す。日米安保体制の下,日本はアメリカのジュニア・パートナーとして目覚ましい経済発展を遂げたが,日本が経済大国となった 1970年代には,日米間のイコール・パートナーシップという言葉が盛んにいわれた。 80年代には,「新冷戦」とも呼ばれた状況の下,日米双方で新保守主義が台頭し,同盟関係が深まった。 90年代に入り冷戦構造が崩壊するに伴い,新たな関係を模索する日米にとって,グローバル・パートナーシップは,単に日米関係にとどまらず,国際社会での両国の将来を規定する言葉として重要である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

グローバル・パートナーシップの関連キーワード日米グローバル・パートナーシップに関する東京宣言及び行動計画ミレニアム発展目標ミレニアム開発目標NATO新戦略MDG

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グローバル・パートナーシップの関連情報