コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田淵幸一 たぶち こういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田淵幸一 たぶち-こういち

1946- 昭和後期-平成時代のプロ野球選手,監督。
昭和21年9月24日生まれ。法大で東京六大学記録(当時)の通算22本塁打を打ち,昭和44年阪神に入団。大型捕手として活躍し,50年43本塁打で本塁打王。54年西武にうつり,広岡達朗監督のもとで57,58年の日本一につくす。実働16年,通算1532安打,2割6分,474本塁打。平成2-4年ダイエー監督。19年北京五輪野球日本代表コーチに就任。東京出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田淵幸一
たぶちこういち
(1946― )

プロ野球選手(捕手:右投右打)、監督。9月24日、東京都生まれ。法政大学時代から豪打で知られ、六大学リーグ記録であった長嶋茂雄(しげお)の8本を大きく上回る通算22本塁打を放って当時の新記録を打ち立てた。ドラフト1位で1969年(昭和44)に阪神タイガースに捕手として入団し、1年目から22本のホームランを打ち、新人王に選ばれた。力みのないフォームから放たれるホームランは滞空時間が長く、美しいアーチを描くことから「ホームラン・アーチスト」と称され、ファンを魅了した。1972年から5年連続30本以上のホームランを記録、73年には2試合にまたがる4打数連続本塁打を記録した。1975年にはホームラン43本を打って本塁打王となり、王貞治(さだはる)の本塁打王の連続記録を13年で阻止した。1979年に西武ライオンズ(現埼玉西武ライオンズ)に移籍し、おもに指名打者(DH)として84年までプレーして引退した。捕手業で肉体的な負担が大きかったこともあり、通算本塁打は歴代9位の474本と、500本の大台には届かなかった。1990年(平成2)から92年まで福岡ダイエーホークス(現福岡ソフトバンクホークス)の監督を務めた。[出村義和]
 選手としての16年間の通算成績は、出場試合1739、安打1532、打率2割6分、本塁打474、打点1135。獲得したおもなタイトルは、新人王、本塁打王1回、ベストナイン5回、ダイヤモンドグラブ賞(現ゴールデン・グラブ賞)2回。監督としての通算成績(3年)は、390試合、151勝230敗9分け、勝率3割9分6厘。[編集部]
『山本勇著『虹のアーチ』(1983・恒文社) ▽田淵幸一著『がんばります!! タブチです』(1985・双葉社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

田淵幸一の関連キーワードいしい ひさいち八田有加高橋由伸山本浩二

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田淵幸一の関連情報