コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グンプロビチ グンプロビチ Gumplowicz, Ludwig

3件 の用語解説(グンプロビチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グンプロビチ
グンプロビチ
Gumplowicz, Ludwig

[生]1838.3.9. クラクフ
[没]1909.8.19/20. グラーツ
集団中心主義的で,かつ社会進化論的な立場を取ったオーストリアの社会学者。社会の発展や国家の成立過程を,集団内の闘争から説明した。主著『人種と国家』 Rasse und Staat (1875) ,『人種闘争』 Der Rassenkampf (83) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

グンプロビチ【Ludwig Gumplowicz】

1838‐1909
オーストリアの社会学者。ポーランドのクラクフに生まれ,ウィーン大学で法律学を学ぶ。1863年〈若きポーランド〉運動などの政治活動をする。1869年以降雑誌《クラージKraj(国家)》などの編集に携り,75年グラーツ大学の行政学講師となり(83年員外教授,92年教授),癌のため妻と自殺するまで在任した。彼はダーウィン生存競争説やスペンサーの社会進化論の強い影響のもとに,社会は集団間の対立,闘争を通して,強者が弱者を征服し,支配する形で発展するという〈社会ダーウィニズム〉の歴史観をとった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

グンプロビチ【Ludwig Gumplowicz】

1838~1909) オーストリアの社会学者。国家の成立を人種集団の接触過程によって説明する征服国家説を提唱。著「種族闘争論」「社会学的国家観」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のグンプロビチの言及

【社会進化論】より

…生得的能力差と生存闘争が人間社会の基本だとするヘッケルの社会観には,ドイツの社会ダーウィニズムの虚無的な性格がよく表れている。そしてヘッケル以外にも,L.グンプロビチ,ラッツェンホーファーG.Ratzenhoferの闘争を重視する社会学派,シャルマイヤーW.SchallmayerやプレッツA.Ploetzの優生学的主張,A.アモンのような楽天的な競争社会観など,多くの生物学主義的社会理論が輩出した。なかでも1900年の〈国家の国内政策の発展およびその立法に関して,われわれは進化論の原理から何を学ぶか〉というA.クルップの懸賞問題は,この思想の広範な浸透を象徴する事件として有名である。…

※「グンプロビチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

グンプロビチの関連キーワードズナニエツキポーランド農民党オーストリア併合オーストララシアオーストリーグンプロビッチ西オーストラリアポーランド室内管弦楽団オーストリアン・スムース・ブラッケザジツキ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone