グーチるつぼ(読み)ぐーちるつぼ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グーチるつぼ
ぐーちるつぼ
Gooch's crucible

化学分析に用いられる濾過(ろか)るつぼの一種。1878年にアメリカのグーチFrank Austin Gooch(1852―1929)が考案したのでこの名がある。本体は磁製であり、底には多数の小孔がある。良質のアスベスト、小孔をあけた磁製円板、さらにアスベストを底に敷き込んでから、沈殿を母液とともにグーチるつぼに移し、吸引濾過すると、沈殿がるつぼ上に濾別される。これをそのまま加熱して重量分析する。濾紙を用いるのが不都合なときに利用される。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のグーチるつぼの言及

【るつぼ(坩堝)】より

… 加熱以外の役割をもたせるるつぼには,ろ(濾)過るつぼやローゼるつぼなどがある。ろ過るつぼは底部が多孔質の磁器からなるものや,底部に穴をあけアスベストを敷いて使用するもの(グーチるつぼ)などがある(図2)。これらは沈殿をろ過し,洗浄してから加熱秤量する。…

※「グーチるつぼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android