コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グーテホフヌングスヒュッテ Gutehoffnungshütte Aktienverein

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グーテホフヌングスヒュッテ
Gutehoffnungshütte Aktienverein

ドイツの機械工業持株会社。 1808年鉄鋼事業を開始,その後加工部門,炭鉱部門を加え,37年株式会社に改組。次第に事業を拡大してドイツの大手コンツェルンの一つを形成。第2次世界大戦後解体され,52年鉄鋼,石炭部門を分離したが,加工部門を継承して発足し,西ドイツ (当時) の企業として発展した。 53年現社名に変更。傘下の主要子会社マシネンファブリク・アウクスブルク=ニュルンベルク (略称 M. A. N.) がタービンボイラディーゼルエンジン,トラック,バス,車両などを製造するほか,多数の子会社が機械,鉄構造物,輸送用機器,電線,非鉄金属,プラント建設,エンジニアリング,造船,印刷機などの製造にあたった。 86年にマングループと合併し,社名をマンに変更した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

グーテホフヌングスヒュッテの関連キーワード八幡製鉄所

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android