コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケチュケ ケチュケ Kötzschke, Rudolf

2件 の用語解説(ケチュケの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケチュケ
ケチュケ
Kötzschke, Rudolf

[生]1867.7.8. ドレスデン
[没]1949.8.3. ライプチヒ
ドイツの経済史家。ライプチヒ大学教授。「地域史研究室」を創設し,法制史,集落・耕地形態学,民俗学,言語学の成果を取入れ,中世経済史に関するすぐれた研究を残した。主著『大荘園行政史の研究』 Studien zur Verwaltungsgeschichte der Grossgrundherrschaft Werden (1899) ,『中世経済史』 Allgemeine Wirtschaftsgeschichte des Mittelalters (1924) ,『東ドイツ植民地運動の研究』 Geschichte des ostdeutschen Kolonisation (37) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケチュケ
けちゅけ
Rudolf Ktzschke
(1867―1949)

ドイツの歴史家、経済史家。ドレスデンに生まれ、ライプツィヒチュービンゲン両大学に学んだ。1899年から1935年までライプツィヒ大学で教鞭(きょうべん)をとり、1906年には同大学に地域史研究室を創設し、その指導にあたった。第二次世界大戦後の45年にふたたび同大学に迎えられ、教授、学長を務める。彼の研究は荘園(しょうえん)史、農業史、法制史など多面にわたるが、農業史で優れた業績を残し、『東ドイツ植民運動の研究』(1937)は名著とされている。彼はまた「実証を通じての綜合(そうごう)」にも強い意欲を示し、その成果は『17世紀までのドイツ経済史概要』(1908)と『中世期の一般経済史』(1924)となって結実した。[根本久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケチュケの関連キーワードコードレス電話ドレスデン城シュターツカペレ・ドレスデンドレスディアドレスデン国立歌劇場管弦楽団ドレスデンのヴィーナスドレスデン・ファイルドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団ドレスデン音楽祭ドレスデン派

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone