コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケツボカイメン ケツボカイメン Sycettidae

2件 の用語解説(ケツボカイメンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケツボカイメン
ケツボカイメン
Sycettidae

海綿動物門石灰海綿綱異腔目ケツボカイメン科に属する種類の総称。体高 1.5~6cm,直径 1cm内外の細長い白色袋状の単体で,上端には円形の口が大きく開き,その周囲は襟で囲まれる。体表は石灰質の骨片が密に突き出てとげ状になっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケツボカイメン
けつぼかいめん / 毛壺海綿

海綿動物門石灰海綿綱異腔(いこう)目ケツボカイメン科Sycettidaeの海産動物の総称。円筒状の体表から一面に多数の骨片を突出させるところからこの名がある。体は高さ1.5~6センチメートル、直径6~15ミリメートルの円筒状の単体で、白色や黄白色。上端には襟で囲まれた口が開き、体内を通過した水はここから外に出される。体内の胃腔は大きく、溝系はサイコン型。骨片は石灰質で、多数の桿状体(かんじょうたい)と三輻体および四輻体の骨片で骨格が組み立てられている。オカダケツボカイメンSycon okadaiは、本州以南各地の波の静かな内湾にごく普通にみられ、汚損動物の一種にされている。ミサキケツボカイメンS. misakiensisは東北地方以南に分布し、沿岸の岩礁域に普通にみられる。[今島 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケツボカイメンの関連キーワード海綿動物磯海綿海綿石灰海綿淡水海綿沐浴海綿六放海綿角質海綿普通海綿カイロウドウケツカイメン(偕老同穴海綿)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone