コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケツボカイメン ケツボカイメンSycettidae

2件 の用語解説(ケツボカイメンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケツボカイメン
Sycettidae

海綿動物門石灰海綿綱異腔目ケツボカイメン科に属する種類の総称。体高 1.5~6cm,直径 1cm内外の細長い白色袋状の単体で,上端には円形の口が大きく開き,その周囲は襟で囲まれる。体表は石灰質の骨片が密に突き出てとげ状になっている。胃腔は大きく,構造はサイコン型でやや複雑である。鞭毛室は分岐しない。オカダケツボカイメン Sycon okadai,ミサキケツボカイメン S. misakiensisなどが本州,四国,九州各地の沿岸に分布し,岩などの上に固着して直立している。経済的価値は特にない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケツボカイメン
けつぼかいめん / 毛壺海綿

海綿動物門石灰海綿綱異腔(いこう)目ケツボカイメン科Sycettidaeの海産動物の総称。円筒状の体表から一面に多数の骨片を突出させるところからこの名がある。体は高さ1.5~6センチメートル、直径6~15ミリメートルの円筒状の単体で、白色や黄白色。上端には襟で囲まれた口が開き、体内を通過した水はここから外に出される。体内の胃腔は大きく、溝系はサイコン型。骨片は石灰質で、多数の桿状体(かんじょうたい)と三輻体および四輻体の骨片で骨格が組み立てられている。オカダケツボカイメンSycon okadaiは、本州以南各地の波の静かな内湾にごく普通にみられ、汚損動物の一種にされている。ミサキケツボカイメンS. misakiensisは東北地方以南に分布し、沿岸の岩礁域に普通にみられる。[今島 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone