ケベック会議(読み)ケベックかいぎ(英語表記)Québec Conference

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケベック会議
ケベックかいぎ
Québec Conference

1864年 10月 10~27日ケベックで開催されたカナダ連邦結成のための会議。北アメリカ大陸にあるイギリス領植民地のうち,カナダ,ニューブランズウィック,ノバスコシア,プリンスエドワードアイランドニューファンドランドの5植民地から 33名の代表が参加し,のちのイギリス領北アメリカ条例の母体となった 72ヵ条のケベック決議を採択。この会議において到達した基本原則,すなわち将来のカナダは連邦制度をとるべきこと,それもアメリカにおける南北戦争の轍を踏まぬよう連邦主義の原則はなるべく制限されるべきこと,などはイギリス議会では認められたが植民地の反発を買い,67年の連邦結成の際には,プリンスエドワードアイランドとニューファンドランドの2植民地は加わらなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ケベックかいぎ【ケベック会議 Quebec Conference】

1864年10月10日から27日,連合カナダ植民地のケベックにおいて,イギリス領北アメリカ植民地の統合を討議するために開催された会議。連合カナダ植民地,ニューブランズウィック,ニューファンドランド,ノバ・スコシア,プリンス・エドワード・アイランドの5植民地から33名の代表が集まり,72ヵ条の〈ケベック決議〉を作成した。会議は徹底した秘密会議であったといわれ,その詳細は知られていないが,〈決議〉の内容からみて,J.A.マクドナルドのような中央集権的統合派が少数派であり,G.E.カルティエやオリバー・モーワットのような地方分権的連邦派が勝利を収めたことがわかる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のケベック会議の言及

【コンフェデレーション】より

…沿海植民地連合を討議するためにシャーロットタウンに集まった〈建国の父祖〉は,オブザーバー格で参加していた連合カナダ植民地代表に説得され,1864年10月,ケベックで全英領北アメリカ植民地の統合を論議するために集合した。このケベック会議で得られたコンフェデレーションの構想は,72ヵ条にわたる〈ケベック決議〉として3植民地の認可を得,イギリス議会で可決されたのち,〈英領北アメリカ法〉(1867)として発効し,オンタリオ,ケベック,ノバ・スコシア,ニューブランズウィックの4州から成るカナダ自治領が成立した。コンフェデレーションの特徴はその名の示すとおり連邦制度を採用することにより,特色ある歴史と伝統をもった各州と,一国としてのカナダ全体との利害をいかに調和させたかという点にある。…

※「ケベック会議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android