ケラマツツジ(慶良間躑躅)(読み)ケラマツツジ(英語表記)Rhododendron scabrum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケラマツツジ(慶良間躑躅)
ケラマツツジ
Rhododendron scabrum

ツツジ科の常緑低木。奄美大島から琉球諸島に分布し,海に近い常緑樹林の縁に生える。高さ1~2m。若枝葉柄には褐色で扁平な剛毛が密生する。葉は互生し厚い紙質で先がとがり,表面に光沢があり,両面,特に裏面脈上に多く剛毛が生える。2~4月,枝先に鮮紅色の花を2~4個つける。萼片は5枚で先が丸く,縁に長毛が生える。花冠は径約 5cm,上部内面に濃色の斑点がある。おしべは 10本で,花糸に短軟毛がある。子房有毛であるが,花柱無毛蒴果にも褐色剛毛が密生する。和名は産地の沖縄県慶良間諸島に由来する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android