ケルプ(英語表記)kelp

翻訳|kelp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケルプ
kelp

コンブ科に属する大きな海藻類をまとめて呼ぶ通称。転じて,海藻,主としてマクロキスチスなど大型の褐藻類を焼いた灰をいう。この灰は昔はガラス工業や石鹸製造のソーダ原料に用いられたが,今日ではヨードの原料としてわずかに用いられるだけとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ダイビング用語集の解説

ケルプ

元来の日本語訳は海草一般のことだが、ダイビングの世界でこれが使われる時はカリフォルニア沖の太平洋に生息する巨大な海草=ジャイアントケルプをピンポイントで意味する。ラッコアザラシなどユニークな生物が見られる場所として日本でもその存在はかなり浸透しつつある。[用例] ケルプの森の住人たち。

出典 ダイビング情報ポータルサイト『ダイブネット』ダイビング用語集について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android