コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケルプ ケルプ kelp

翻訳|kelp

4件 の用語解説(ケルプの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケルプ
ケルプ
kelp

コンブ科に属する大きな海藻類をまとめて呼ぶ通称。転じて,海藻,主としてマクロキスチスなど大型の褐藻類を焼いた灰をいう。この灰は昔はガラス工業や石鹸製造のソーダ原料に用いられたが,今日ではヨードの原料としてわずかに用いられるだけとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ケルプ(kelp)

大形の褐藻類。
コンブなどの海藻を低温で焼いた灰。ヨードなどの原料。海藻灰。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダイビング用語集の解説

ケルプ

元来の日本語訳は海草一般のことだが、ダイビングの世界でこれが使われる時はカリフォルニア沖の太平洋に生息する巨大な海草=ジャイアントケルプをピンポイントで意味する。ラッコアザラシなどユニークな生物が見られる場所として日本でもその存在はかなり浸透しつつある。[用例] ケルプの森の住人たち。

出典|ダイビング情報ポータルサイト『ダイブネット』
Copyright (C) 2010 DIVENET CO.LTD. AllRights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ケルプ【kelp】

海藻灰。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケルプの関連キーワード天草一揆和語日本語検定の日カレントダイブチェックアウトダイビングドリフトダイブナイトダイブボートダイブ松田一橘谷正宗

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ケルプの関連情報