ケンタウルス座A(読み)ケンタウルスざエー(英語表記)Centaurus A

世界大百科事典 第2版の解説

ケンタウルスざエー【ケンタウルス座A Centaurus A】

ケンタウルス座で第1番目に発見された電波源。南天でもっとも明るい電波源の一つ。巨大な楕円銀河NGC5128の中心核で爆発が起こり高エネルギーのガス雲が放出されており,そのガス雲からの電波と考えられる。銀河の中心核に弱い電波源があり,それをはさんで角度で約7′(距離約3万光年)離れた双対型の強い電波源があり,さらに約3゜(距離60万光年)離れた双対の大きく広がった電波源が存在するという複雑な構造をもっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android