ケン・まく・おさめる(漢字)

普及版 字通の解説


人名用漢字 11画

[字音] ケン
[字訓] まく・おさめる

[説文解字]

[字形] 形声
声符は卷(巻)(けん)。卷に巻曲の意があり、手を加えて動詞とする。〔説文〕十二上に「气の(勢)なり」とあり、気負って気のあるさまをいう。

[訓義]
1. まく、まきおさめる、おさめる。
2. 拳と通じ、こぶし、気負う。

[古辞書の訓]
名義抄 カガマル・ニギル 〔字鏡集〕 カガマル・サミス・ニギル・コブシ・サスエ

[語系]
・卷kiuan、(拳)・giuan、・圈(圏)khiuanは声義近く、みな巻曲して勢いをなす意があり、一系の語である。

[熟語]

[下接語]

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android