コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケーグラー(英語表記)Kögler, Ignaz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケーグラー
Kögler, Ignaz

[生]1680.5.11. バイエルンランズベルク
[没]1746.3.30. 北京
ドイツのイエズス会司祭。中国名,戴進賢。 1716年中国へ渡り宣教に従事。天文や数学の知識により中国で重く用いられた。 25年欽天監正に任じられ,31年には吏部の一員となる。 42年『暦象考成後編』を編纂。この間イエズス会の中国日本管区長をつとめた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ケーグラー【Ignaze Koegler】

1680‐1746
ドイツ生れのイエズス会の僧。漢名を戴進賢という。1717年(康熙56)に中国へ赴任し,北京で死去した。ドイツの有名なインゴルシュタット大学で数学を教えたことがあり,中国では布教のあいだに中国暦の編纂にあたり,25年(雍正3)からは欽天監監正となって,暦計算の指導的位置についた。当時の中国暦である時憲書は《暦象考成》によって計算されていたが,彼はその不備を補うため42年(乾隆7)に《暦象考成後編》を完成した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のケーグラーの言及

【中国天文学】より

…彼は《霊台儀象志》を書き,これらの器械の説明を行った。18世紀半ばの乾隆帝の時代にはI.ケーグラー(戴進賢)は3000個以上の恒星の位置を測定し,《儀象考成》に収録した。しかしイエズス会士は専門の天文学者でもなく,また乾隆帝以降のキリスト教弾圧でイエズス会士の渡来も極度に制限され,やがてヨーロッパ天文学の輸入もとだえるようになった。…

【暦象考成】より

…清朝の康熙帝の末年に少しく新資料を加え,中国人学者が中心になって《崇禎暦書》の再編が行われ,《暦象考成》上・下編ができた。さらに後にドイツ人宣教師ケーグラー(漢名,戴進賢)がケプラーの楕円運動論により太陽,月の運動を論じた《暦象考成後編》を完成した。これらはいずれも江戸時代の天文学者麻田剛立らによって研究され,〈寛政暦〉の基礎となった。…

※「ケーグラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android