コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

欽天監 きんてんかんQim-tian-jian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

欽天監
きんてんかん
Qim-tian-jian

中国の明,清時代に主として天文関係を担当した官庁の名称。宋では司天監などと呼んだが明以後は欽天監となる。天文観測,暦の作成,天災などの予報,吉凶判断その他に関与した。長官を監正といい,そのもとに長官を補佐する左右の監副のほか春,夏,中,秋,冬官正の5官正がおかれた。清の欽天監は時憲科,天文科,漏刻科の3科を主とし,西洋暦を紹介したイエズス会宣教師も欽天監の監副などに任命された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きんてん‐かん【×欽天監】

中国で、代に天文観測、暦の製作、時報などをつかさどった役所。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きんてんかん【欽天監 qīn tiān jiàn】

旧中国における官署で,近代の王立ないし国立天文台に相当する。天文現象を観測して暦法を推算する職務を管掌した。秦,漢の時代以来,太史令が天象の観測,暦法の推算およびその改革などをつかさどった。前漢の司馬遷や後漢の張衡,元の郭守敬らはいずれも太史令を歴任した。唐代には,太史局が設置され,のちに司天台と改められ,秘書省に属した。宋,元の時代は司天監が設けられ,太史局や太史院と併置された。明代にははじめ太史監,太史院とよばれた部局が1370年(洪武3)から欽天監に改められた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きんてんかん【欽天監】

中国の明・清代、天体の観測、暦の制定、時の測定をつかさどった役所。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

欽天監
きんてんかん

中国の明(みん)・清(しん)代の役所名で、国立の天文台兼気象台に相当する。古くから太史局、司天監などの名称の役所があったが、明朝の1370年(洪武3)に欽天監の名称が使われ始め、清朝に引き継がれ、中華民国になって中央観象台と改称された。天体観測、日・月食など天文現象の観測や予報、暦の編纂(へんさん)、時間の測定と報時や、気象観測も行って、国家の安全を占い、祭祀(さいし)や儀式の日時の選定などについて皇帝に答申した。[渡辺敏夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone