コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

欽天監 きんてんかん Qim-tian-jian

5件 の用語解説(欽天監の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

欽天監
きんてんかん
Qim-tian-jian

中国の明,清時代に主として天文関係を担当した官庁の名称。宋では司天監などと呼んだが明以後は欽天監となる。天文観測,暦の作成,天災などの予報,吉凶判断その他に関与した。長官を監正といい,そのもとに長官を補佐する左右の監副のほか春,夏,中,秋,冬官正の5官正がおかれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きんてん‐かん【×欽天監】

中国で、代に天文観測、暦の製作、時報などをつかさどった役所。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きんてんかん【欽天監 qīn tiān jiàn】

旧中国における官署で,近代の王立ないし国立天文台に相当する。天文現象を観測して暦法を推算する職務を管掌した。秦,漢の時代以来,太史令が天象の観測,暦法の推算およびその改革などをつかさどった。前漢の司馬遷や後漢の張衡,元の郭守敬らはいずれも太史令を歴任した。唐代には,太史局が設置され,のちに司天台と改められ,秘書省に属した。宋,元の時代は司天監が設けられ,太史局や太史院と併置された。明代にははじめ太史監,太史院とよばれた部局が1370年(洪武3)から欽天監に改められた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きんてんかん【欽天監】

中国の明・清代、天体の観測、暦の制定、時の測定をつかさどった役所。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

欽天監
きんてんかん

中国の明(みん)・清(しん)代の役所名で、国立の天文台兼気象台に相当する。古くから太史局、司天監などの名称の役所があったが、明朝の1370年(洪武3)に欽天監の名称が使われ始め、清朝に引き継がれ、中華民国になって中央観象台と改称された。天体観測、日・月食など天文現象の観測や予報、暦の編纂(へんさん)、時間の測定と報時や、気象観測も行って、国家の安全を占い、祭祀(さいし)や儀式の日時の選定などについて皇帝に答申した。[渡辺敏夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

欽天監の関連キーワード歴史学主体思想官署性説奏任仁王立ち母材太師地域大国《近代の哲学・科学における認識問題》

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone