コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケートマンスホープ

百科事典マイペディアの解説

ケートマンスホープ

ナミビアの南部。1866年にドイツ人の伝道基地として建設された町で,現在は南部地域の交易と観光の中心になっている。主な産業はカラクール種ヒツジ飼育で,皮革製品などが作られている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ケートマンスホープの関連キーワードケートマンスフープナミビア

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android