コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケービング caving

翻訳|caving

デジタル大辞泉の解説

ケービング(caving)

スポーツとして、洞窟(どうくつ)や鍾乳洞(しょうにゅうどう)などを探検すること。洞窟探検

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ケービング【caving】

洞窟探検と訳され,洞窟の探検や学術調査などの諸行動を意味するが,元来は鉱山の採掘法を表すことばとして用いられていた。同義語としてspelunkingやpotholingもまれに使われている。最近,ケービングは探検の比重が増してスポーツ化し,学術調査は〈洞窟学speleology〉にゆだねられている。なお,ケービングする人をケーバーと呼んでいる。 ケービングは,洞窟(鍾乳洞,溶岩洞,氷河洞など)という限られた空間で,しかも暗やみで行動するスポーツであるため,身体保護のための着衣(つなぎ服がよい)やヘルメットなどの装備を必要とするが,特別のケービング技術はない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ケービング【caving】

未踏査の洞窟どうくつや鍾乳洞を探検すること。スポーツとしての洞窟探検。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ケービング
けーびんぐ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ケービングの関連キーワードエル・テニエンテ銅山リオ・ブランコ銅山ケービング採掘法イトムカ鉱山キルナ鉄山デンマーク坑内掘り安家洞採鉱

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ケービングの関連情報