ゲアドナー湖(読み)げあどなーこ(英語表記)Lake Gairdner

日本大百科全書(ニッポニカ)「ゲアドナー湖」の解説

ゲアドナー湖
げあどなーこ
Lake Gairdner

オーストラリア、サウス・オーストラリア州南部、エア半島の北にある塩湖。面積4300平方キロメートル。通常は干上がった湖床(プラヤ)で、水面がみられることはまれである。1857年にハックおよびウォーバートンが発見。湖名はイギリス植民地省オーストラリア局長名に由来する。

[谷内 

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ゲアドナー湖」の解説

ゲアドナー湖
ゲアドナーこ
Lake Gairdner

オーストラリア,サウスオーストラリア州南部,エア半島の北方にある浅い乾塩湖。長さ 160km,幅 50km前後,面積約 4800km2。この地域は一般に雨量が少く (年降水量 500mm以下) ,特に乾季には干上がる部分が広い。周囲ヒツジ放牧地

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android