コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲル紡糸 ゲルぼうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゲル紡糸
ゲルぼうし

ゲル延伸ともいう。高分子量のポリエチレンなどを高温で溶媒中に溶かし,その溶液から紡糸急冷などによってゼリー状に固まったゲル状物質をつくったあと,高倍率に延伸して高強度,高弾性率の材料を得る加工法。溶液中で高分子の鎖のからみ合いを減らしてゲル化させるため,数百倍の延伸が可能となる。その際分子の鎖は延伸方向に引延ばされて結晶化し,欠陥も少いため,高レベルの力学物性をもった物質となる。ケーブル,ロープ,セール類のほか,複合材料補強用繊維としてヘルメットなどにも応用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android