コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲージ不変性 ゲージフヘンセイ

デジタル大辞泉の解説

ゲージ‐ふへんせい【ゲージ不変性】

基本となる方程式の形式がゲージ変換に対して不変であること。電磁気学ではベクトルポテンシャルとスカラポテンシャルとのゲージ変換に対する電場・磁場の方程式の不変性、場の量子論では演算子のゲージ変換に対する素粒子の理論の不変性が成立する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゲージふへんせい【ゲージ不変性】

ゲージ変換において理論が不変であること。元来は、マクスウェル方程式が電磁ポテンシャルの採り方によらないことから生じたが、現在では素粒子物理学の基本原理(ゲージ原理)となっている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ゲージ不変性の関連キーワードクロール‐ルーデルマンの定理電磁ポテンシャル素粒子物理学ゲージ理論ゲージ粒子電荷保存則南部陽一郎素粒子論標準模型量子論元来

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android