コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

場の理論 ばのりろん

3件 の用語解説(場の理論の意味・用語解説を検索)

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

場の理論

K・レヴィンが提唱した理論で、人間は個人の特性によるだけでなく、その人が置かれた「場」に影響を受けて行動するものだという説で、組織における人間行動を理解するための1つの枠組みとされる。 場の理論によれば、個人の特性を開発するだけでなく、環境の開発を行わなければ、期待行動は現われない、ということがいえる。

出典|ナビゲート
ナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ば‐の‐りろん【場の理論】

空間的に離れた二つの粒子間に作用する力は、電磁場重力場などの物理的場と相互作用し、場を変動させることにより伝わるとする理論。場を量子化し、量子論的に扱う場合は場の量子論という。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ばのりろん【場の理論】

物体あるいは粒子間に働く重力・電磁力などの相互作用が、重力場・電磁場など、力を媒介する場との相互作用を通して行われるという立場で構成される理論。場を非量子論的に扱う場合を特に場の古典論、場を量子化し、場の量子と粒子との相互作用を量子論的に扱う場合を場の量子論、また単に場の理論という。量子力学的には素粒子も場として記述されるので、素粒子と場とは統一的に扱われる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の場の理論の言及

【グループ・ダイナミクス】より

…集団に関する調査・実験・臨床研究がなされるようになったのは1920‐30年代のアメリカであり,レウィンKurt Lewin(1890‐1947)を中心とする社会心理学者によって体系化された。レウィンは集団を心理学的な力の場であるとし,個々の事象を集団の構造との関係でとらえようとする〈場の理論field theory〉を提唱した。グループ・ダイナミクスによる主要な研究としては,集団の凝集性,集団圧力と集団標準,集団目標,集団移動,集団の構造的特性,リーダーシップなどに関する実験的分析がある。…

※「場の理論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

場の理論の関連情報