コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲーラ・ジュンケイロ Abílio Manuel de Guerra Junqueiro

1件 の用語解説(ゲーラ・ジュンケイロの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ゲーラ・ジュンケイロ【Abílio Manuel de Guerra Junqueiro】

1850‐1923
ポルトガルの詩人。コインブラ大学卒業後官吏の道をえらんだ後に代議士ベルン駐在公使となるが,晩年は病気のため公職を去る。少年の頃から詩才を示していた彼は,詩集《ドン・フアンの死》(1874),《老いたるエテルノ神父》(1885)によってポルトガル最大の詩人の一人,当代一流の詩人と言われた。彼の詩には幼いときに受けた宗教教育の影響が陰に陽に認められ,《老いたるエテルノ神父》には聖職者に対する鋭い風刺がこめられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ゲーラ・ジュンケイロの関連キーワードテーラー専修大学光の科学史農民文学奥健蔵キネマ旬報日活(株)道光帝序曲難波抱節

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone