コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゲーラ・ジュンケイロ Abílio Manuel de Guerra Junqueiro

世界大百科事典 第2版の解説

ゲーラ・ジュンケイロ【Abílio Manuel de Guerra Junqueiro】

1850‐1923
ポルトガル詩人。コインブラ大学卒業後官吏の道をえらんだ後に代議士,ベルン駐在公使となるが,晩年は病気のため公職を去る。少年の頃から詩才を示していた彼は,詩集《ドン・フアンの死》(1874),《老いたるエテルノ神父》(1885)によってポルトガル最大の詩人の一人,当代一流の詩人と言われた。彼の詩には幼いときに受けた宗教教育の影響が陰に陽に認められ,《老いたるエテルノ神父》には聖職者に対する鋭い風刺がこめられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ゲーラ・ジュンケイロの関連キーワード9月17日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android