過大評価(読み)カダイヒョウカ

デジタル大辞泉の解説

かだい‐ひょうか〔クワダイヒヤウカ〕【過大評価】

[名](スル)物事を実際よりも高く見積もったり評価したりすること。「実力を過大評価する」⇔過小評価

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かだい‐ひょうか クヮダイヒャウカ【過大評価】

〘名〙 物事を評価する時、実際以上に高く見ること。重要視しすぎること。⇔過小評価
※放送話術二十七年(1951)四〈徳川夢声〉「世間で過大評価しているのと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

過大評価の関連情報