過大評価(読み)カダイヒョウカ

  • かだいひょうか クヮダイヒャウカ
  • かだいひょうか〔クワダイヒヤウカ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 物事を評価する時、実際以上に高く見ること。重要視しすぎること。⇔過小評価
※放送話術二十七年(1951)四〈徳川夢声〉「世間で過大評価しているのと」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

物事を評価する時、実際以上に高く見ること。重要視しすぎること。

[活用] ―する。

[使用例] 結婚生活につきものの過大評価や、過大要求や、その結果としての幻滅や絶望というものは、人生の大きなムダであり[獅子文六*青春怪談|1954]

[使用例] お父様の名前が、戦争という逆転劇を間に挟みながら、なお何のぼろもださずに生きのびたのも、多くお母様に負っていると思うのは過大評価でしょうか[井上光晴*心優しき叛逆者たち|1969]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android