コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コア掘 コアぼりcoring

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コア掘
コアぼり
coring

油田,鉱山などで,地下の岩石や地層の状態,鉱床の規模,品位,埋蔵量などについての情報を得る目的で,試錐孔 (坑井) からコアを採取すること。試錐ロッドの先にコアビットと呼ばれる円筒状の刃先 (ドリルビット) を使用し,その上にコアバレルと呼ぶ回収器を置く。金属鉱山の試錐ではほとんどコア掘が行われるが,石油の採掘では試掘や地質調査を目的にした試錐で行われる。

コア掘
コアぼり
coring

海底底質サンプリング法の1つ。軟らかい海底堆積物の柱状断面試料を,層状態を乱さずに採取できる唯一の方法。用いる機器は柱状採泥器 (コアラー) で,採取パイプの海底への打込み,パイプを引抜いたときの採取底質の抜落ち防止の3機能からなる。パイプの打込みは重力による方法,ピストンの負圧を利用する方法が一般的で,それぞれグラビティコアラー,ピストンコアラーと呼ばれる。採取できるコアの大きさはコアラーの大きさで決り,大型のものでは 20m以上が採取できる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コア掘の関連キーワード重力式柱状採泥器コア試験