コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コイルばね コイルばね coil spring; helical spring

2件 の用語解説(コイルばねの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コイルばね
コイルばね
coil spring; helical spring

巻ばね,弦巻ばねともいう。円形や長方形断面の素線 (金属,複合材料プラスチック) を弦巻 (コイル) 状に巻いたばね。作用する荷重の方向によって,コイルの中心線方向に圧縮荷重を受ける圧縮コイルばね,中心線方向に引張り荷重を受ける引張りコイルばね,中心線まわりにねじりモーメントを受けるねじりコイルばねに大別される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コイルばね

つる巻ばねとも。金属の線を円筒形,円錐形,鼓形などに巻いたばね。線の断面は円形が多いが四角形もある。材質はばね鋼,硬鋼,ピアノ線などのほかリン青銅など非鉄金属も使用。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内のコイルばねの言及

【ばね】より

…中世になると,織機,ろくろ,粉ひき機などには,ばねの復元力を利用して戻りの動きを得ようとするくふうが見られ,この場合も木の棒のばね力を利用していた。金属のコイルばねが使われるようになったのはずっと後の15世紀ころからであって,時計の動力源としてまず利用された。機械の部品として使われているばねの材質は,現在でも金属が主であるが,位置の復帰用のばねにはプラスチックの利用がしだいに増えている。…

※「コイルばね」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コイルばねの関連キーワード板発条水盤発条秤蔓巻発条担い発条発条定数渦巻発条ランチ皿渦巻ばねばねばかり(ばね秤)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コイルばねの関連情報