コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コイ族(読み)コイぞく(英語表記)Khoi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コイ族
コイぞく
Khoi

自称コイコイン Khoikhoin。かつてはホッテントット Hottentotの蔑称で呼ばれ,南西アフリカに広く居住し,牛の遊牧を中心として移動生活を営んだ,コイサン語族系の一民族。形質的には,低身長,黄褐色の肌,皺がちの皮膚,毬状毛,引延ばされた小陰唇,脂臀などサン族と共通の特徴をもち,言語・社会・文化的にも近く,コイサンと総称される。コイ族はナマ支族,コラナ支族などに分れ,総人口は3万以上と推定されるが,20世紀初頭以降固有の言語と文化は急速に衰退。南アフリカ共和国では,白人入植者との混血がかなり進んでいる。現在では混合農業を取入れているが,多くは居住地外へ賃労働に出る。伝統的な拡大家族制度が残存する一方,それらを統合する父系親族集団は解体している。呪術信仰なども部分的に残存するが,キリスト教の影響が著しい。 (→コイサン語系諸族 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android