コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コジンスキー Jerzy Kosinski

大辞林 第三版の解説

コジンスキー【Jerzy Kosinski】

1933~1991) アメリカの作家。ポーランド生まれ。第二次大戦中の放浪体験を題材にした「異端の鳥」でデビュー。暴力に支配された現代社会を描く。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コジンスキー
こじんすきー
Jerzy Kosinski
(1933―1991)

アメリカのユダヤ系小説家。ポーランドのウージに生まれる。第二次世界大戦中ユダヤ人の両親とはぐれ、それが因となって口がきけなくなる。その間浮浪児となって放浪した。戦後両親と再会、ルージ大学で修士課程を終え、準教授として研究生活に入る。書類を捏造(ねつぞう)してパスポートを取得、1957年渡米し、英語を習得し小説家を志す。戦時中の放浪体験を題材とした処女作『異端の鳥』(1965)はフランスで評判をとり、外国作家賞を得る。暴力と腐敗の異常な世界を描いた第二作『異境』(1968)は全米図書賞を得る。ほかに、白痴の男がマス・メディアにのせられ大統領にまでなる『預言者』(1971)や、『悪魔の樹』(1973)、『コックピット』(1975)など。[大津栄一郎]
『青木日出夫訳『異端の鳥』(角川文庫) ▽青木日出夫訳『預言者』(1977・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コジンスキーの関連キーワード6月14日アメリカデビュー現代社会預言者作家暴力題材

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コジンスキーの関連情報