コスト・インフレーション(読み)コストインフレーション

百科事典マイペディアの解説

コストプッシュ・インフレーションともいう。各種の生産要素(賃金・利子・原材料等)の価格が上昇したとき,供給者が従来よりも高い価格で生産物を販売して同一の利潤を確保しようとするために起こる一般的な物価水準の騰貴。コスト・インフレーションの要因として,賃金の上昇(賃金インフレ,また生産性上昇率を上回る賃金上昇が要因となる場合は,特に生産性格差インフレという),原燃料価格の上昇(資源インフレ),租税負担の転嫁(タックスフレーション),管理価格の引上げ(管理価格インフレ),環境保全などの社会的費用の負担の転嫁(ソーシャル・インフレ)などがある。→インフレーション
→関連項目所得政策

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android