コスモ石油(株)(読み)こすもせきゆ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コスモ石油(株)
こすもせきゆ

民族系石油会社の大手で、強力な販売網と業界最強の重質油分解装置を有する。1986年(昭和61)に大協(だいきょう)石油、丸善(まるぜん)石油、精製専業の旧コスモ石油が合併して発足した。大協石油は1939年に新潟県の精油業者8社が合同して設立したもので、1943年に四日市(よっかいち)製油所を新設、1961年には大協石油化学を設立し、石油化学工業にも進出した。丸善石油は1933年に丸善礦油(こうゆ)の大阪製油所が分離して設立され、1959年には子会社として丸善石油化学を設立した。その後、二度にわたる石油危機後、石油需要は減退し、石油業界は過当競争と設備過剰で苦境に陥り、業界再編成の気運が高まった。大協、丸善両社も業績が著しく悪化、単独での合理化には限界があると判断し、1984年に両社はそれぞれの製油所を分離・合併させ、精製専業のコスモ石油を設立した。さらに、1986年に3社が合併して、販売シェア3位のコスモ石油が発足。1989年(平成1)には、1965年に共同石油の発足に伴い精製専業となったアジア石油(1952年設立)も合併した。資本金1072億円(2008)、売上高3兆3016億円(2008)。[中村青志]
『『飛躍へのかけ橋――コスモ石油・革新の軌跡 コスモ石油20年史』(2006・コスモ石油)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android