コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コットレル効果 コットレルこうかCottrell effect

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コットレル効果
コットレルこうか
Cottrell effect

合金内の転位の部分では結晶格子がひずんでいるので,溶質原子の大きさが適当であればこの部位に集ってひずみを緩和しようとする傾向が自然に起る。これをコットレル効果といい,G-P帯形成の一つの原因とされる。ひずみが緩和されると転位は安定化して動きにくくなり,材質を強化する (→時効硬化 ) 。転位以外の格子欠陥,たとえば積層欠陥などもコットレル効果を示す可能性がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

法則の辞典の解説

コットレル効果【Cottrell effect】

結晶中の溶質原子と転位の弾性的相互作用の結果,転位が移動しにくくなる現象.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android