コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コトクラゲ

百科事典マイペディアの解説

コトクラゲ

有櫛(ゆうしつ)動物有触手綱。体長10〜14cm,幅6〜9cmでU字形。竪琴に似た形をしている。左右の突起の先端の孔から羽状の触手を出す。体色は黄・乳白・淡紅と変異があり,濃紅のいぼ状突起をもつものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コトクラゲ
ことくらげ / 琴水母
[学]Lyrocteis imperatoris

有櫛(ゆうしつ)動物門有触手綱扁櫛(へんしつ)目コトクラゲ科の海産動物。海底にすむクシクラゲ類の1種で、体長10~14センチメートル、幅6~9センチメートル、厚さ4センチメートルほどで、U字状をなし、全体の形が西洋の竪琴(たてごと)(ハープ)に似ているのでこの名がある。両端の腕状の突起の先にそれぞれ羽状の触手がみられ、また体の周縁には多くの溝がある。成体には一般の有櫛動物に特有の櫛板はみられない。体色には変異がみられ、体上には黄、灰、淡紅色に濃紅の小突起が多数みられる。相模(さがみ)湾の50~100メートルの海底から採集され、日本の特産種である。[山田真弓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のコトクラゲの言及

【クシクラゲ】より

…クラゲムシCoeloplanaの類は幼生時代に櫛板列があるが,成体ではなくなって,海藻やウミケイトウ類,ウニ類,ヒトデ類などの体表の上をはって移動する。コトクラゲLyrocteis imperatorisは竪琴に似た形をしていて,黄色の地に赤褐色の斑点がある。1941年に相模湾の水深70mから初めて得られた。…

※「コトクラゲ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コトクラゲの関連キーワードクシクラゲクラゲ櫛水母琴水母

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android