コトンラット(英語表記)hispid cotton rat

世界大百科事典 第2版の解説

コトンラット【hispid cotton rat】

マウスとラットの中間大の齧歯(げつし)目ネズミ科の哺乳類。アラゲコトンラットともいう。アメリカ南部からペルーまでの草原,やぶ地にすむ。体長15~20cm,尾長8~14cm,体重70~200g。キヌゲネズミに近縁(アメリカネズミ亜科)で,吻(ふん)と脚が短く,ずんぐりしている。耳介は短く,半分だけ毛衣外に露出する。体の上面の毛は硬く,黒色で先が淡褐色のため,背は霜降り状,体下面は灰白色。尾は体より短く,毛深い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コトンラット
ことんらっと
cotton rat
[学]Sigmodon hispidus

哺乳(ほにゅう)綱齧歯(げっし)目キヌゲネズミ科の動物。北アメリカ南部から中央アメリカにかけて分布する。頭胴長約17センチメートル、尾長11センチメートル。体重は150~200グラム。草原にすみ、植物や小動物、鳥の卵などを食べる。食物が豊富なら年中繁殖し、1産2~10子。乳頭4、5対。妊娠期間27日。40日ぐらいで性成熟に達する。実験動物化されて、リケッチア、ウイルス、フィラリアなどの感染実験に広く用いられている。[宮尾嶽雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android