コナトゥス(英語表記)conatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コナトゥス
conatus

存在者に内在してそのものを動かす原動力,傾向。ストア派を中心とする古代の概念だが近世に復活。スピノザでは,意志や衝動など,存在を保とうとする努力をいい,ホッブズでは中世の推力の概念を受けた物理学的意味で用いられる。ライプニッツはホッブズよりこの概念を取入れて,一時期その力動的な実体概念の活動原理をさそうとした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コナトゥスの関連情報