コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コナトゥス conatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コナトゥス
conatus

存在者に内在してそのものを動かす原動力,傾向。ストア派を中心とする古代の概念だが近世に復活。スピノザでは,意志や衝動など,存在を保とうとする努力をいい,ホッブズでは中世の推力の概念を受けた物理学的意味で用いられる。ライプニッツはホッブズよりこの概念を取入れて,一時期その力動的な実体概念の活動原理をさそうとした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

コナトゥスの関連キーワード存在者

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android