コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コヌラリア Conularia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コヌラリア
Conularia

刺胞動物門鉢虫類近縁の化石動物。古生代カンブリア紀から中生代三畳紀あるいはジュラ紀まで生存した。細長いピラミッド型のキチン質の殻をもち,その横断面は四角である。これまで軟体動物あるいは環形動物などに分類されてきたが,今日ではクラゲ類(→クラゲ)に近縁とされている。(→化石刺胞動物

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コヌラリア【Conularia】

腔腸動物門,鉢虫綱,小錐亜綱の代表属で,カンブリア紀から二畳紀にわたって知られている化石。これまで軟体動物や環形動物など種々異なる部類に扱われてきたが,現在はクラゲ類に近い腔腸動物とされている。キチン質の殻を有し,外形は四角錐状で,条線が特徴的に発達する。日本では石炭紀前期の地層から報告がある。一般にコヌラリア属を含む小錐類全体を指す意味でも用いられる。【森

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android