コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コノハガエル コノハガエル Megophrys nasuta; Asian horned frog

2件 の用語解説(コノハガエルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コノハガエル
コノハガエル
Megophrys nasuta; Asian horned frog

カエル目スキアシガエル科。体長 10cm内外。褐色の地に黒っぽい斑紋のある比較的大型のカエルで,吻端と眼の上に三角形の大きい突起がある。背面からは枯れ葉のように見えるので,この名がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コノハガエル
このはがえる / 木葉蛙
[学]Megophrys monticola

両生綱無尾目スキアシガエル科のカエル。大形種で、体長12センチメートルに達する。タイ、ミャンマービルマ)、マレーシアインドネシアフィリピンに広く分布し、いくつかの亜種に分類される。背面は茶褐色、腹面は黄白色と暗褐色のまだら模様をしている。背側部に細く明瞭(めいりょう)な皮膚の隆条が前後に走る。上眼瞼(がんけん)が三角形の角(つの)状に突出するほか、吻端(ふんたん)も多少とも突出する。流水付近にある林の中の地面で生活するが、体形や色彩が落ち葉とよく似ているため、みつけにくい。この科の種は中国、東南アジアに多い。[倉本 満]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コノハガエルの関連キーワードアベコベガエル青蛙赤蛙牛蛙鈴蛙土蛙鋤足蛙達磨蛙ヒキガエル(蟇∥蟾蜍)スキアシガエル類

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コノハガエルの関連情報