コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コブハクジラ コブハクジラMesoplodon densirostris; Blainville's beaked whale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コブハクジラ
Mesoplodon densirostris; Blainville's beaked whale

クジラ目ハクジラ亜目アカボウクジラ科オウギハクジラ属。最大体長は約 4.7m。最大体重は約 1033kg。出生体長は推定2~2.5m。体色は全身黒褐色,茶灰色および青灰色で腹部は淡色。体表に長円形の白い斑紋を呈するものがある。体型は紡錘形で体幅に対して体高がある。頭部は小さく,前頭部もあまりふくらまない。上顎はきわめて細く,下顎の方がやや前に出ており,咽喉部にハの字状の溝がある。噴気孔は1個で頭部正中線上にある。背鰭 (せびれ) は三角形状で先端はとがり,後縁は湾曲している。胸鰭は小さく,幅は狭く先端はとがる。雄は下顎の歯槽が口角に向って大きく盛上がり,その頂点に高さ約 20cmの厚い板状の歯が左右各1本ずつ生えている。歯は前方に傾き上顎より突出する。雌の歯槽は雄ほど盛上がらず,歯が歯根から突出することはほとんどない。通常1~2頭で行動するが,3~7頭の群れをなすこともある。おもにイカ類を食べるが,魚類も捕食すると考えられている。全海洋の温帯から熱帯域にかけて分布し,外洋の深海部に出現することが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コブハクジラの関連キーワードニュージーランドオウギハクジラハッブスオウギハクジライチョウハクジラ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android