コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コマチゴケ Haplomitrium mnioides (Lindb.) Schust.

2件 の用語解説(コマチゴケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

コマチゴケ【Haplomitrium mnioides (Lindb.) Schust.】

コマチゴケ科の苔類。チョウチンゴケモドキともいう。主として西日本の低地に分布し,湿岩上や土質の崖などにやや普通にみられる。植物体は淡緑色で軟らかく肉質。地下茎がよく発達するが,仮根はない。地上茎は斜上し,長さ1~2cm。葉は茎の両側面と背面の3列につき,広卵形から腎臓形で全縁。雌雄異株で,造卵器や造精器は茎の先端に露出する。蒴(さく)は長楕円形で縦に一つの裂け目を生じ,そこから胞子を放出する。コマチゴケの名は,植物体の姿が美しいために小野小町に見立てたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コマチゴケ
こまちごけ
[学]Haplomitrium mnioides (Lindl.) Schust.

コケ植物コマチゴケ科の1種。低地の林の中の湿った崖(がけ)や地上などに群生する。全体に薄い緑色で、高さ2~3センチメートル、土の表面や地中をはう地下茎状の部分はほとんど白色、仮根はない。葉は3列につくが、側葉のほかに、茎の背面に小形の葉がつく。葉は卵形でみずみずしく、中央脈などはない。雌雄異株。雄器は茎の先に集まってつき、この部分はやや平らになる。雌の造卵器は茎の先のほうに多数むき出しになってつき、花被(かひ)などの保護器官は発達しない。胞子体は春つくられる。日本周辺だけに分布するが、暖かい地方に限られる。日本にはこのほかに、よく似たキレハコマチゴケH. hookeriがあり、立山(たてやま)や八ヶ岳(やつがたけ)の高山に生える。[井上 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コマチゴケの関連キーワード銀杏浮苔浮苔蛇苔杉苔銭苔苔類鱗苔鹿角苔銀蘚瓢箪苔

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone