コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コム・アカデミー事件 コムアカデミーじけん

世界大百科事典 第2版の解説

コムアカデミーじけん【コム・アカデミー事件】

1936年の講座派研究者に対する検挙事件。《日本資本主義発達史講座》の刊行(1932‐33)にともない,明治維新や地主制の性格をめぐる日本資本主義論争は白熱化した。この論争を踏まえて日本社会の半封建的性格を究明しようとする立場から,同講座の編集者であった山田盛太郎平野義太郎,執筆者であった小林良正,相川春喜らが中心となって,1934年末から〈日本封建制講座〉刊行の企画が進められ,執筆準備のための共同研究も行われていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

コム・アカデミー事件の関連キーワード講座派・労農派山田 盛太郎大江 満雄小林 良正相川 春喜

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android