コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソビエト sovet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソビエト
sovet

元来はロシア語で「会議」「評議会」の意味であったが,ロシア革命の進行とともにプロレタリア独裁の権力機関,およびその権力形態をさすようになった。 1905年革命のときプロレタリアートの闘争機関として,イバノボボズネセンスクストライキを指導した労働者代表ビエトに起源をもち,初めは単なるストライキ委員会として機能していたが,やがてメンシェビキはブルジョア議会に対抗する労働者議会として,ボルシェビキはプロレタリアートを中心に兵士および農民との統一戦線を結成する機関,武装蜂起の成功後は権力を奪取する革命政府の母体として位置づけた。 17年の二月革命で帝政が倒れたのち,ソビエトは臨時政府と共存する「二重権力」状況をつくりだした。しかし,9月なかば以降ボルシェビキがペトログラード (ペテルブルグ) とモスクワのソビエトを支配してからは,革命的権力機関としてのソビエトが前面に現れ,十月革命によって「すべての権力をソビエトへ」が実現した。ここでブルジョア国家機関のあらゆる残滓が払拭され,労兵ソビエトを基盤に最高権力をソビエト大会におく国家形態としてのソビエト共和国が誕生した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ソビエト(〈ロシア〉Sovet)

《評議会・会議の意》ソ連の政治的基礎であった組織。選挙された代議員によって構成される代表会議で、1905年、ペテルブルクの労働者が組織したのに始まる。1917年の二月革命後は労働者・兵士代表ソビエトとして革命の指導的機関となり、ソ連成立とともに農民代表ソビエトを加え、正式の権力機関となった。村や市から州・地方・各共和国の各段階に設けられ、頂点に全連邦の最高会議があった。
ソビエト社会主義共和国連邦」の略。
[補説]「蘇維埃」とも書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ソビエト

ロシア語で会議の意。レーニンは,勤労者大衆を基盤とするソビエトは革命遂行の中枢機関であるとともにプロレタリアート独裁の権力機関であり,ソビエト体制による国家体制を最善のものとした。
→関連項目イワノボ戦時共産主義ソビエト連邦

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ソビエト

和歌山県西牟婁郡、沖ノ黒島の南西に隣接する岩礁。「ソビエット」ともいう。名称の由来は定かではなく、「島や岩がそびえたつように見えることから」などの説がある。2009年に政府の総合海洋政策本部が策定した「海洋管理のための離島の保全・管理のあり方に関する基本方針」に基づき、名称付与された離島のひとつ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ソビエト【Sovet】

ひろく助言,会議,和合などを意味するロシア語であるが,旧ソ連邦では各級の権力機関をいい,また国名にも用いられていた。このような意味でのソビエトの歴史は1905年の革命にさかのぼる。この時期にはイワノボ・ボズネセンスク(現,イワノボ)をはじめ,多くの地域にソビエトが出現したが,なかでも重要なのはペテルブルグ・ソビエトであった。これはストライキ指導のために各工場の労働者代表からなるストライキ委員会として発足したもので,ストが巨大なものとなり(10月スト),社会生活に重大な影響を及ぼすようになって,一定の政治的・行政的機能をもつ恒常的組織,ソビエトに変質していった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ソビエト【Soviet】

〔会議・評議会の意〕 旧ソビエト連邦で政治単位(村・地区・共和国・全ソ連邦)ごとに設置された政治権力機関。1905年の革命で誕生し、17年の三月革命以後は労働者兵士代表会議として革命運動を指導。十一月革命で正式に全権を握った。
◇ 「ソビエト社会主義共和国連邦」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソビエト
そびえと

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のソビエトの言及

【ロシア連邦】より

…正式名称=ロシア連邦Rossiiskaya Federatsiya∥Russian Federation面積=1707万5400km2人口(1996)=1億4798万人首都=モスクワMoskva(日本との時差=-6時間)主要言語=ロシア語通貨=ルーブルRubl'ロシア連邦は,ソビエト連邦の一部だった〈ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国〉の後身である。〈ロシア連邦〉への改称は1991年12月に決定され,92年4月の憲法改正で確認された。…

※「ソビエト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ソビエトの関連キーワードアレクサンドル・ロマノヴィチ ベリャーエフロシア国立シンフォニー・カペラ1956年ハンガリー蜂起記念日アレクサンドル ドヴジェンコ勤労・被搾取人民の権利宣言ソビエト・モンゴル友好協定ソビエト・ポーランド戦争イワノボ・ボズネセンスクポーランド・ソビエト戦争ソビエト連邦共産党ワルシャワ条約機構シモーヌ テリー和歌山県西牟婁郡ソビエトロシアソ連の政治制度バクシェーエフソ・フィン戦争スターリン憲法ゴルバチョフプルーチェク

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ソビエトの関連情報