コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コモド島 コモドとうPulau Komodo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コモド島
コモドとう
Pulau Komodo

インドネシア南部,小スンダ列島中部の島。フロレス島の西方にあり,ヌサトゥンガラティムール州に属する。山がちで,ココナッツ採集,漁業が行われる。コモドオオトカゲの生息地。コモドオオトカゲは,現在政府によって保護されており,重要な観光資源ともなっている。面積 520km2。人口約3万。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コモド‐とう〔‐タウ〕【コモド島】

Pulau Komodo》インドネシア南部、小スンダ列島中部の島。スンバワ島フローレス島の間に位置する。世界最大のトカゲであるコモドオオトカゲの生息地として知られ、リンチャ島パダール島とともにコモド国立公園に指定。1991年に世界遺産(自然遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コモド島
こもどとう
Pulau Komodo

インドネシア中南部、小スンダ列島のフロレス島とスンバワ島との間にある島。南北40キロメートル、東西19キロメートル、面積460平方キロメートルの小島。海岸線は複雑で全島密林に覆われる。1912年に、体長2~3メートルのコモドオオトカゲが発見され有名となった。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コモド島の関連キーワードラブハンバジョコモド大蜥蜴インドネシア

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コモド島の関連情報