コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コモンベッチ

百科事典マイペディアの解説

コモンベッチ

オオカラスノエンドウ,ザートウィッケンとも。地中海地方あるいはコーカサス南部が原産地と考えられるマメ科の一〜二年生牧草。茎は長くて弱い。3〜7対の羽状複葉を形成し,先端の2〜3対は巻きひげとなっている。
→関連項目カラスノエンドウ牧草

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コモンベッチ【common vetch】

牧草として利用されるマメ科の一~二年草。原産地はヨーロッパから西アジアにかけての地域。オオカラスノエンドウともいう。日本へは大正時代(1912‐26)にドイツから渡来したのでザートウィッケSaatwickeとも呼ばれる。カラスノエンドウに似るが,やや大型。茎は中空で断面は四角,長さ2~3mとなる。葉は十数枚の小葉からなる羽状複葉で,葉軸の先は巻きひげとなる。初夏に葉腋(ようえき)に蝶形花を1~2個咲かせる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のコモンベッチの言及

【ベッチ】より

…飼料用あるいは緑肥用に利用されるベッチのおもなものには次のような種がある。(1)コモンベッチ(オオカラスノエンドウ)V.sativa L. ザートウィッケとも呼ぶ。ヨーロッパ~西アジア原産の一・二年草。…

※「コモンベッチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コモンベッチの関連キーワードベッチ緑肥