コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コモンベッチ

2件 の用語解説(コモンベッチの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

コモンベッチ

オオカラスノエンドウザートウィッケンとも。地中海地方あるいはコーカサス南部が原産地と考えられるマメ科の一〜二年生牧草。茎は長くて弱い。3〜7対の羽状複葉を形成し,先端の2〜3対は巻きひげとなっている。
→関連項目カラスノエンドウ牧草

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コモンベッチ【common vetch】

牧草として利用されるマメ科の一~二年草。原産地はヨーロッパから西アジアにかけての地域。オオカラスノエンドウともいう。日本へは大正時代(1912‐26)にドイツから渡来したのでザートウィッケSaatwickeとも呼ばれる。カラスノエンドウに似るが,やや大型。茎は中空で断面は四角,長さ2~3mとなる。葉は十数枚の小葉からなる羽状複葉で,葉軸の先は巻きひげとなる。初夏に葉腋(ようえき)に蝶形花を1~2個咲かせる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のコモンベッチの言及

【ベッチ】より

…飼料用あるいは緑肥用に利用されるベッチのおもなものには次のような種がある。(1)コモンベッチ(オオカラスノエンドウ)V.sativa L. ザートウィッケとも呼ぶ。ヨーロッパ~西アジア原産の一・二年草。…

※「コモンベッチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コモンベッチの関連キーワードレンズ豆シカクマメヒノナ赤クローバー (red clover)イタリアンライグラス (Italian ryegrass)粗飼料 (roughage)バヒアグラス (bahiagrass)ペレニアルライグラス (perennial ryegrass)マメ科牧草 (legumes)野草 (wild grasses)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone