コリツォフ(読み)こりつぉふ(英語表記)Алексей Васильевич КольцовAleksey Vasil'evich Kol'tsov

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コリツォフ(Aleksey Vasil'evich Kol'tsov)
こりつぉふ
Алексей Васильевич Кольцов Aleksey Vasil'evich Kol'tsov
(1809―1842)

ロシアの詩人。ボロネジの家畜商の家に生まれ、家業のかたわら詩作に親しんだ。民謡の手法を自由に駆使し、農村の風俗や農民の労働といった大胆なテーマを初めてロシア詩に導入し、ベリンスキー、スタンケービチ、プーシキンらの励ましと高い評価を得た。初期の宗教的神秘性の色濃い作風は苦(にが)い現実認識を経てリアルに変貌(へんぼう)を遂げるが、救いは勤労の喜びにみる態度は一貫した。代表作はプーシキンの死を悼んだ『森』(1837)。『友よ、ざわめくでない』(1834)、『草刈り人』(1836)、『ある村人の物思い』(1837)などの叙情詩も民衆の感情を汲(く)んであまりある。[島田 陽]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android