コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルヌコピア cornucopia

翻訳|cornucopia

世界大百科事典 第2版の解説

コルヌコピア【cornucopia】

ヨーロッパの装飾モティーフ,図案の一つ。〈豊穣の角〉と訳され,一般に花と果物に満たされた角の図柄で表される。富と安寧を象徴し,〈幸運〉〈勝利〉そして〈平和〉のおのおのの女神や河神の持物でもある。コルヌコピアはギリシア神話の挿話に起源をもつ。最高神ゼウスは幼児期をクレタ島イダ山で過ごし,角のある牝ヤギ,アルマテイアが豊かな乳で彼を養った。あるときゼウスは,アルマテイアと遊ぶうちにその1本の角を取ってしまったが,後にこの牝ヤギを星座の磨羯宮に祭り,残された角には穀物,黄金の花冠,果物,宝玉を湧き出す神秘な力をさずけて,イダ山の妖精たちに贈った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のコルヌコピアの言及

【果物】より

…同時に次の世代の種子ともなることから,果物に自立や分離の意味も込められ,知恵の木(善悪を知る木)に生じる果物と原罪(楽園追放)との関係につながっている。古代エジプト人やユダヤ人にとって果物は豊饒(ほうじよう)や精神的豊かさを意味し,ギリシアでは果物や穀物,花が詰まったコルヌコピア(豊饒の角)として象徴化された。ギリシア神話によると,これは幼いゼウスに乳を与えたヤギ,アマルテイアの角であり,ゼウスは感謝してこれを星座(カペラ)にしたという。…

※「コルヌコピア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コルヌコピアの関連キーワードフォルトゥナルーアン窯

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android