コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルマル コルマルColmar

2件 の用語解説(コルマルの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コルマル(Colmar)

フランス北東部、オー‐ラン県の都市。同県の県都。ボージュ山脈の麓に位置する。神聖ローマ帝国自由都市の一。旧市街には、木組み造りの家並みをはじめ、サンマルタン教会、グリューネワルトの絵画「イーゼンハイム祭壇画」を所蔵するウンターリンデン美術館など、中世からルネサンス期にかけての歴史的建造物が数多く残っている。コルマール

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルマル
こるまる
Colmar

フランス北東部、オー・ラン県の県都。ストラスブール南南西69キロメートル、ボージュ山麓(さんろく)にある。人口6万5136(1999)。精錬工業の中心地。典型的なアルザス地方風の都市で、13~14世紀のサン・マルタン教会と多数のルネサンス建築が注目される。かつて修道院であったウンターリンデン美術館には、15~16世紀に描かれた絵画の傑作が多く、グリューネワルトの『イーゼンハイム祭壇画』は有名。一時、神聖ローマ帝国皇帝が滞在した。1697年フランス領となり、1871年ドイツに併合、第一次世界大戦後フランス領に復帰した。[大嶽幸彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone