コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルマル コルマル Colmar

2件 の用語解説(コルマルの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コルマル(Colmar)

フランス北東部、オー‐ラン県の都市。同県の県都。ボージュ山脈の麓に位置する。神聖ローマ帝国自由都市の一。旧市街には、木組み造りの家並みをはじめ、サンマルタン教会、グリューネワルトの絵画「イーゼンハイム祭壇画」を所蔵するウンターリンデン美術館など、中世からルネサンス期にかけての歴史的建造物が数多く残っている。コルマール

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルマル
こるまる
Colmar

フランス北東部、オー・ラン県の県都。ストラスブール南南西69キロメートル、ボージュ山麓(さんろく)にある。人口6万5136(1999)。精錬工業の中心地。典型的なアルザス地方風の都市で、13~14世紀のサン・マルタン教会と多数のルネサンス建築が注目される。かつて修道院であったウンターリンデン美術館には、15~16世紀に描かれた絵画の傑作が多く、グリューネワルトの『イーゼンハイム祭壇画』は有名。一時、神聖ローマ帝国皇帝が滞在した。1697年フランス領となり、1871年ドイツに併合、第一次世界大戦後フランス領に復帰した。[大嶽幸彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コルマルの関連キーワードアルザスコルマールシャンベリランスオークニクスブール城オベルネグランディルリクビルリボービレラ・フランス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone