コルマル(英語表記)Colmar

デジタル大辞泉の解説

コルマル(Colmar)

フランス北東部、オー‐ラン県の都市。同県の県都。ボージュ山脈の麓に位置する。神聖ローマ帝国自由都市の一。旧市街には、木組み造りの家並みをはじめ、サンマルタン教会、グリューネワルトの絵画「イーゼンハイム祭壇画」を所蔵するウンターリンデン美術館など、中世からルネサンス期にかけての歴史的建造物が数多く残っている。コルマール

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルマル
こるまる
Colmar

フランス北東部、オー・ラン県の県都。ストラスブールの南南西69キロメートル、ボージュ山麓(さんろく)にある。人口6万5136(1999)。精錬工業の中心地。典型的なアルザス地方風の都市で、13~14世紀のサン・マルタン教会と多数のルネサンス建築が注目される。かつて修道院であったウンターリンデン美術館には、15~16世紀に描かれた絵画の傑作が多く、グリューネワルトの『イーゼンハイム祭壇画』は有名。一時、神聖ローマ帝国皇帝が滞在した。1697年フランス領となり、1871年ドイツに併合、第一次世界大戦後フランス領に復帰した。[大嶽幸彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android